記録破りのNASA宇宙飛行士、ISSでの生活で最も恋しいことを明かす

記録破りのNASA宇宙飛行士、ISSでの生活で最も恋しいことを明かす

ISSに搭乗したNASA宇宙飛行士フランク・ルビオ。

記録破りのNASA宇宙飛行士フランク・ルビオ氏は最近、国際宇宙ステーション(ISS)の軌道上での生活で最も恋しいことを明かした。

記録破りのNASA宇宙飛行士がISSでの生活で最も恋しいことを明かす

ルビオ氏は、NASAの宇宙飛行士が 軌道上で過ごした最長期間となる371日間を宇宙で過ごし、 先月末に地球に帰還した。

現在、地に足をしっかりとつけ、微重力環境で1年以上過ごしたことから回復するのに数週間を費やしたこのアメリカ人宇宙飛行士は、自分の歴史的使命に関する質問に答えるために時間を割いた。

記録破りのNASA宇宙飛行士がISSでの生活で最も恋しいことを明かす

1 時間にわたる Q&A セッション 中、ある人は、軌道上での生活で最も恋しいことは何かと尋ねました。

ルビオ氏は乗組員仲間について言及した後、微重力環境で軌道上の施設の周りを浮遊できなくなるのが寂しいとも語った。

記録破りのNASA宇宙飛行士がISSでの生活で最も恋しいことを明かす

ルビオ氏は、「浮遊するのは本当に楽しい。まるで子供のような気分になる」とコメントし、「また、作業をするときに物を押さえつけていると、作業が困難になることが判明したため、作業環境が困難になる」と付け加えた。別の挑戦です…しかし、[浮いている]ときは10歳の子供のような気分になります。」

しかし、NASAの宇宙飛行士は、最も恋しいのは、地球上空400マイルの特別な見晴らしの良い場所から提供される地球の素晴らしい眺めだと語った。

記録破りのNASA宇宙飛行士がISSでの生活で最も恋しいことを明かす

「地球を見下ろすと、とても壮観でユニークな眺めになります」とルビオ氏は語った。 「そして、ただ浮くことができるという事実…たとえ大変な一日を過ごしていたとしても、何かの真っ最中であっても、10秒か20秒間窓の外を眺めているだけで、気分が高揚するのです」元気が出るから、それがとても恋しいことになると思うよ。」

https://twitter.com/hashtag/AskNASA?src=hash&ref_src=twsrc%5Etfw

最高の眺めを求めて、宇宙飛行士は宇宙ステーションのキューポラに向かうことがよくあります。キューポラは、遮るもののない地球とその先の景色を提供する 7 つの窓からなるモジュールです。

記録破りのNASA宇宙飛行士がISSでの生活で最も恋しいことを明かす

写真に強い興味を持つ乗組員は、遥か下にある壮大な自然の高空飛行に合わせて ことでも知られています。たとえば、フランスの宇宙飛行士トマ・ペスケは鋭い観察力を持っており、ISS での 2 つのミッションから 。

ルビオさんの宇宙ミッションはわずか6か月の予定だったが、彼をISSに連れて行った ソユーズ宇宙船に問題が 発生し、帰国便のスケジュールが変更された。彼は家族に会えなくて寂しかったが、軌道上で数か月間余分に滞在したことで、当初予想していたよりもはるかに多くの地球の景色を楽しむことができ、また、より多くの浮遊空間を楽しむことができた。

「記録破りのNASA宇宙飛行士、ISSでの生活で最も恋しいことを明かす」についての動画選定!

重力を忘れた宇宙飛行士が面白すぎるwww #shorts
野口宇宙飛行士の宇宙暮らし 014: 水で遊ぼう!