PSB の新しい SubSeries BP8 サブウーファーは、500 ワットの純粋なランブルを押し出します

 PSB の新しい SubSeries BP8 サブウーファーは、500 ワットの純粋なランブルを押し出します
PSB BP8 パワード サブウーファーは、ソファの側面をより広い角度から捉えています。

本日、カナダのプレミアム スピーカー メーカー PSB は、次世代のサブウーファーである SubSeries BP8 パワード サブウーファーを発表しました。このサブウーファーは、デュアル対向ドライバーを備えたコンパクトながら強力な 500 ワットのスピーカーであり、PSB によれば不要なノイズを実質的に除去する音響的中立性を備えています。 1,499ドルのサブモデルは3月に発売される予定だ。

PSB の新しい SubSeries BP8 サブウーファーは、500 ワットの純粋なランブルを押し出します

この発表は、来週バルセロナで開催される大規模なAVカンファレンスである Integrated Systems Europe (ISE)に先立って行われ、そこでPSBはBP8を披露する予定である。BP8は、同社の新しいサブウーファーラインの第一弾となり、本格的に発表されることになる。現在の主力製品である SubSeries 450 および 350 ウーファーを搭載しています。

リビングルームとサラウンドサウンドシステムのPSBサブシリーズPB8。

ホームシアター と音楽の両方の顧客を念頭に置いて構築された BP8 は、PSB のフラッグシップ Synchrony および Passif 50 タワー スピーカーの設計からインスピレーションを得た 2 つの 8 インチ ウーブン カーボン ファイバー ドライバーを搭載しています。 PSBは、キャビネットの反対側に設置されたデュアルドライバーのバイポーラ構成により、「あらゆる配置で没入型の低音体験」が可能になると述べており、部屋の中に サブウーファーを配置しようと したことがあれば、セットアップ中の頭痛の種が少なくなる可能性があります。 。

500ワットのnCoreハイブリッドデジタルアンプ(同様の技術は姉妹会社であるNADのハイエンドアンプにも搭載されている)を搭載したPSPは、BP8の洗練された強力なパフォーマンスの低音を約束し、20Hzまで忠実に再現できるという。 。 PB8 のキャビネットは音響的にニュートラルになるように設計されており、受賞歴のあるカナダ企業 isoAcoustics の遮音脚の追加により、ウーファーを地面から「切り離して沈黙」させ、振動をさらに低減します。

ホワイトのPSB SubSeriesサブウーファー。
PSB の新しい SubSeries BP8 サブウーファーは、500 ワットの純粋なランブルを押し出します

SubSeries PB8 の魅力は、そのクリーンな外観 (シンプルなサテン ブラックとホワイトの仕上げからお選びいただけます) と 13 x 13 x 14 インチのコンパクトな設置面積であり、お持ちの既存のスピーカーと簡単にペアリングできます。あなたのスペースに親指のように突き出ています。

PSB SubSeries BP8 サブウーファーは、 PSB の Web サイト およびその他の小売店で 3 月に発売され、価格は 1,499 ドルです。

「 PSB の新しい SubSeries BP8 サブウーファーは、500 ワットの純粋なランブルを押し出します」についての動画選定!

【サブウーファー】大型”38cm”と小型‟20cm”を比較してみてわかったことがあります!
サブウーファーのワット数とアンプのワット数の関係【カーオーディオ基礎講座】

[list_relate_post_same_category]