2022 年で最も革新的なヘッドフォン

 2022 年で最も革新的なヘッドフォン
2022 年で最も革新的なヘッドフォン

初代 iPod の発売から数えてみると、私たちは 20 年以上にわたり、パーソナル オーディオの黄金時代のようなものを過ごしてきました。新機能や改善の余地はもうないのではないかと思われるかもしれませんが、むしろ、特にヘッドフォンやイヤフォンの進歩のペースは加速するばかりです。 2022 年、企業はワイヤレス オーディオの従来の限界を克服する方法を検討し始めましたが、成功する場合もあれば、少し失敗する場合もありました。しかし、いずれにせよ、私たちは実際に限界を超えた製品を認識するためにここにいます。

残りも見たいですか? 2022 年の最も革新的なテクノロジー製品の全リストをご覧ください。

勝者: ソニー LinkBuds

ソニーのリンクバッド

ワイヤレスイヤホンが 人々に愛されるのには理由があります。便利で、最近ではほとんどの音がとても良く、ワイヤーを聞き逃すことはほとんどありません。ノイズ キャンセリング、Bluetooth マルチポイント、音声アシスタントへのアクセスなどの便利な新機能を搭載すると、これらのデバイスがどこにでもある理由が簡単にわかります。

しかし、ワイヤレスイヤホンの問題は、外界を遮断してしまうことです。そして、音が良くなればなるほど、通常は耳を塞いでしまいます。透明モードは役に立ちますが、それは一時的なものであり、簡単な会話に最適です。ソニーは、両方の長所を提供できるかもしれないと考えました。つまり、素晴らしいサウンドを提供しながら、一時的にだけでなく常に周囲の世界を聞くことができるイヤホンです。その解決策は、ユニークな形状の LinkBuds です

ドーナツ型のオーディオ ドライバーを備えた LinkBuds を設計することで、ソニーは、私たちの耳に入るわずかな音さえも妨げない、驚くほど優れたサウンドを生み出すことに成功しました。また、これまでのイヤホンの中で最も優れた機能の 1 つであるワイド エリア タップも導入されました。これは、イヤホンの真正面にある頬の部分をタッチ コントロールに変えるものです。

残念ながら、ソニーの巧妙な方式は、一定の妥協を受け入れる必要があることを意味します。 LinkBuds は小さいですが、多くの耳の形状にはフィットしません。フィット感は常にイヤホンの音質に影響しますが、LinkBuds ではそれがより重要です。バッテリーの寿命は私たちが慣れているものを大幅に下回っており、外界の音を聞くことは私たちが必ずしもやりたいことではないことがわかりましたが、それでもそれを遮断する方法はありません。

それでも、これらの問題にもかかわらず、LinkBuds の開発には多大な検討とエンジニアリングが費やされており、非常に現実的な問題を解決するためにソニーが行った努力に感謝しています。

2022 年で最も革新的なヘッドフォン

次点:LG Tone Free T90Q

充電ケースの中に見えるLG Tone Free T90Q。

場合によっては、イノベーションとは、他の製品では見つけることができない一連の機能を人々に提供することを意味します。その尺度で言えば、LGの Tone Free T90Q に勝つのは難しいです。これらのイヤホンは Apple の AirPods Pro によく似ており、Apple のイヤホンと同じように、Dolby Atmos ヘッドトラッキング空間オーディオ を提供しますが、さらに進化しています。充電ケースにはイヤフォンを滅菌するための UV ライト システムが内蔵されており、コンパニオン アプリには目まぐるしい数のコントロールと EQ カスタマイズ オプションがあり、 Bluetooth マルチポイントを 使用して 2 台のデバイスに同時に接続できます。

しかし、T90Q の本当に素晴らしい点は、aptX Adaptive コーデックの品質を維持しながら、24 ビットの ハイレゾ サウンドを 実現しながら、デジタルとアナログの両方の有線オーディオ ソースに接続できることです。すべて充電ケースと 2 本の USB-C ケーブルを介して行われます。飛行機に乗っているとき、またはコンピューターや携帯電話が aptX Adaptive に対応できないときに最適です。

2022 年で最も革新的なヘッドフォン

佳作: Nura True Pro

充電ケースに入った NuraTrue Pro イヤホン。

最初になることは必ずしも簡単ではありません。 Nura True Pro は、 Qualcomm の aptX Lossless コーデック をサポートする最初のイヤホンです。これ自体が市場初のロスレス Bluetooth コーデック です。理論的には、これは、これらのイヤホンが、FLAC ファイルや Apple Music などのロスレス ストリーミング オプション などのロスレス ソースから、完璧なビット単位の CD サウンドを提供できることを意味します。

ただし、aptX Lossless が機能するには、イヤホンとスマートフォンの両方でサポートされている必要があります。 2022 年のほとんどの間、互換性のあるスマートフォンを見つけるのは非常に困難でした。 2023 年にこれらの携帯電話がより一般的になるとき、Nura True Pro は素晴らしいものになるでしょうが、その頃には先行者利益を失っている可能性があります。それでも、ヌーラはそれが可能であることを理解しており、イノベーションへの取り組みが最終的には報われることを期待して、とにかく前進することに決めました。それを尊重しなければなりません。

「 2022 年で最も革新的なヘッドフォン」についての動画選定!

【2022年】 用途と予算で選ぶオススメ ワイヤレスヘッドホン【ノイズキャンセリング】
2022年ベストバイ!買って良かったものランキングTOP10【イヤホン・オーディオオンリー】

[list_relate_post_same_category]