日本の自動車メーカーが世界販売トップの座を維持

日本の自動車メーカーが世界販売トップの座を維持
トヨタのカローラです。

トヨタは昨年、他のどの自動車メーカーよりも多くの車を販売したことが、火曜日に同社が発表した数字で確認された。

トヨタのカローラです。

トヨタはドイツのライバル、フォルクスワーゲンを破って2位となり、過去12カ月で世界中の顧客に1120万台の車両を販売し、前年比7.2%増となった。トヨタは4年連続でトップの座を維持し、全自動車メーカーの中で自動車販売の年間新記録を樹立したと見られている。

フォルクスワーゲンは最近、前年比 12% 増となる 920 万台の販売を報告しました。韓国の現代・起亜自動車は6.7%増の730万台を販売し、3位となった。

トヨタのカローラです。

日本企業の売上の大部分はトヨタまたはレクサスのバッジが付いた車両で、残りはトヨタの子会社であるダイハツ工業と日野自動車によるものだった。トヨタの最大の市場は米国で、販売台数は260万台で、前年比7%増となった。

ハイブリッド車は日本の自動車メーカー全体の約3分の1を占めている一方、完全電気自動車の売上高(トヨタはこれまで取り組みが遅れていた が、現在多額の投資を行っている分野)は 売上高の1%にも満たなかった。

トヨタのカローラです。

しかし、この日本自動車大手は最近、いくつかのスキャンダルに直面しており、すべてが順風満帆だったわけではない。

ロイター通信 によると、サプライヤーの豊田自動織機が開発したディーゼルエンジンのテストで不正が発覚したため、同社は今週初め、ハイラックストラックやランドクルーザー300SUVなど複数のモデルの出荷を一時停止すると発表した。昨年末には ダイハツ工業でも長年にわたる安全試験不正が発覚し 、2022年には日野自動車でも排ガスデータの改ざんが判明した。

トヨタのカローラです。

ブランドへのダメージを最小限に抑えることに熱心なトヨタの創業者の曾孫であるトヨタ会長の豊田章男氏は火曜日の集会で記者団に次のように語った。日野自動車、ダイハツ工業、豊田自動織機で相次ぐ不正問題を解決し、「グループの改革を主導する」と述べた。

「日本の自動車メーカーが世界販売トップの座を維持」についての動画選定!

[業界別ランキング] 2021年 世界自動車販売台数
壊れにくい自動車メーカーランキングトップ10